2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2006年11月25日 (土)

丸山ももたろうLive@石橋楽器本店

石橋楽器の会員組織に、40歳以上の人対象にした「エイジプラスクラブ」というのがあります。

それが、会費無料ながら、なかなかお得なクラブなんですよ。

まず、この会員になっているだけで、石橋楽器のポイントが、ダブルになる。

それだけでも、お得なのに、3ヶ月に1回、Liveイベントがあり、これが、低価格な入場料でたっぷり楽しませてくれます。

既に、4回開催されていて、私は、3回目の「なぎら健壱Live」から、参加。20061125live

今日は、その4回目の「丸山ももたろうLive」に行ってきました。

入場料は、1000円。場所は、石橋楽器本店の会議室のようなところ。

そこで、ビール、ワイン、お茶、軽食が、ほとんど食べ放題で出してくれました。

ももたろうさんの人柄、場所柄、石橋楽器の方の進行により、アットホームな感じで、

居心地のよいLiveでした。

Liveも、17:00~19:30の予定が、実際終わったのは、1時間後の20:30。

ギタープレイより、おしゃべりのほうが多かったかも知れませんが、満足度高かったです。

あれで、ももたろうさんが、コーヒーではなく、お酒を飲んでいたら、もっとLiveが続いていたに違いありません。

参加人数が少ないので、今後の展開が気になりますが、40歳以上対象のLiveに参加する身としては、これぐらいの人数で、ゆったり聴かせてもらうのは、ほんとにありがたいことです。

運営責任者の石橋楽器の滝沢さんの話しでは、次回は、2月開催とのことですが、ちゃんとした会場より、準備、片付けが大変だと思いますが、次回もココで、まったりと聴ければと思います。

風邪気味で、どうしようか迷ったけど、ドクター藤野さんから、ギターメンテの話も聞けて、ほんと、行ってよかったです。

2006年10月29日 (日)

The Subway Recordings@Susan Cagle

The Subway Recordings Music The Subway Recordings

アーティスト:Susan Cagle
販売元:Lefthook
発売日:2006/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music ザ・サブウェイ・レコーディングズ

アーティスト:スーザン・ケイグル
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/09/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日、HMV渋谷店でかかっていて、一撃でやられてしまい、買ってしまいました。

ジャケットの写真も、またカッコよい。これだけでも、買ってしまいそう。

凄く伸びやかに、歌ってます。

聴いていて、気持ちよいです。路上で彼女が歌っていたら、きっと釘付けになってしまいそう。

もともとストリートミュージシャンということで、ニューヨークの地下鉄のホームでレコーディングしたということで、時々、地下鉄の音も聞こえ、その場の雰囲気を感じることができます。

値差が、1,000円以上あるので、輸入盤と国内盤かしばらく悩んだけど、国内盤には、ボーナストラックが3曲もついているのに、負けました。

ソニーミュージックの作戦勝ち。

ボーナストラックには、なんとJapanese Versionまで。

なんで、日本語歌っているの?ライナーノーツみても、理由を書いてない。だれか、知っている人、教えてください。

2006年10月21日 (土)

Martin Clubコンサートin 千葉

わざわざ、千葉まで行ってきました。

思ったより、千葉駅前が大きいので、びっくり。

肝心のLive会場がJR千葉駅から遠いのでびっくり。

地図が間違っているかと思いました。

会場は、こじんまりして、やはり東京での会場とは違います。

東京会場のときとは、雰囲気が違って、かなりリラックスムード。

ステージに、「0-18」が置いてあったので、誠さんのかと思ったら、本日のゲストの浜崎貴司さんのでした。

やっぱり、「0-18」はいいなあ。よい音してたなあ。ほしいなあ。

でも、今日の一番の音色は、森山良子さんと同じタイプという「00-45」でした。

いやあ、低音の深みが違いました。

浜崎さん、かの有名な曲は知ってましたが、ちゃんと聴いたのは、初めて、誠さんとのハモリ、カッコよいじゃないですか。

誠さんのギターPlayって、ボーカルを引き立てるように感じます。

最後に関口さん、最初、ご本人からのコメントもありましたが、ウクレレPlay、ちょっと緊張ぎみのようでしたが、次からはリラックス、最後、アンコールのときのBass Playは、ドライブしてて、カッコよかったです。

こうやって、いろんな人との意外な組合せが楽しめるのが、Martinクラブコンサートのよいところ。

福岡さん、来年もよろしくお願いします。

2006年10月15日 (日)

Martinクラブ千葉チケット到着

今週土曜日に開催の「MARTIN GUITAR SHOW & CONCERT We Love Martin,We Love the Earth.Rebirth Tour 2006 “きらめきの街へ in 千葉」のチケット届きました。Nec_0540

先週の品川教会に続き、今週も「斉藤誠LIVE」です。

今まで、渋谷・相模大野・横浜・高円寺・渋谷・有明・品川と私にとっては恵まれた場所でLIVEでしたが、遂に、千葉。

ちゃんと、電車で、家まで帰りつくのか、心配です。

2006年10月13日 (金)

斉藤誠LIVE@品川教会

去年に引き続き、2回目の品川教会での「斉藤誠LIVE」。

そして、8月の渋谷も入れると、今年8回目の「斉藤誠LIVE」です。

教会の残響音って、音に包まれているみたいで、凄く気持ちがよく、リラックスできました。

また、みんなタイプの違うMartinギターばかり7本Playされ、音の違い、充分楽しめました。

その中で、やっぱり私には、誠さん所有「O-18」が、一番よく聴こえました。いつかは、あれをGETしたい。とひそかに思ってます。

ところで、隣に座っていたお母さんと来ていた9歳の男の子。静かに聴いていて、よい子でした。

たぶん、ゴールデンウィークに、横浜にも来ていたと思います。

うちの子とも、9歳になったら、一緒に来れるかな。

楽しみです。

2006年9月29日 (金)

これがRockだ!Looking for Trouble@Toronto

Lookin for Trouble Music Lookin for Trouble

アーティスト:Toronto
販売元:Emi
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近i-Podで、Greg Lakeの「From the Beinning」とともに、こればっかり聴いている。

大昔、FM大阪が18時からやっていた新譜1枚全曲On airするという今では考えられない番組で聴いて以来、ずっと探していた1979年のTorontoのデビューアルバム。

デビューアルバム特有のほとばしる熱いパワーはもちろんのこと、総ての曲が、耳に残る聴きやすさ。

なぜか、日本では評価されていないが、今、改めて紹介されれば、きっと見直されるはず。

2006年9月26日 (火)

これがRockだ!From the Beginning@Greg Lake

最近、朝の通勤時のi-Pod Musicの定番は、Greg Lakeの「From the Beginning」。

同姓ながら、惚れ惚れする美声。

ベスト盤なので、一部、声が不調のときの曲が入っているのは、悲しいものがありますが、ほんとうに、Greg Lakeが、凄いアーティストだということが実感できます。

特に、2枚目の後半は、油の乗り切った歌声に、満員の通勤電車の中でも、Gregの世界に引きづりこまれるようです。

2006年9月15日 (金)

笑ハウス赤坂Tokio

あるご縁で、「笑ハウス赤坂Tokio」というお店に行ってきました。

文字通り、ショーを売りとするお店です。

今日来ていたお客さんは、我々以外は、常連さんばかり。それも、このエリアの有名1流企業の方。

今日は、お店のマスター、若手男性二人、女性一人が、イバニーズのセミアコにのせて、

オリジナル・替え歌で、ダンスとコミックソングが、約1時間、次々に披露された。

ちょっと、関西出身としては、お笑いの壺が違い、ほかのお客さんのように大笑いというわけにはいかなかったが、そんな私も関心させる常連客を巻き込むマスターの練りこまれた芸。若手男性二人の一生懸命さ、ほんとうに楽しそうに歌って踊っていたように見えた女性、そして、きっと、Jazz好きと思わせるギタープレイの後、すごく丁寧にギターを拭いていた姿がもっとも印象的だったギターリストさん。

なかなか、不思議な空間でした。

笑ハウス・赤坂Tokio

東京都港区赤坂3-12-22 竹下ビル5F

TEL:03-3584-0860

営業時間:

18:30~01:30

土・日休み

2006年3月25日 (土)

これがRockだ! Lookin for Trouble@Toronto

Lookin for Trouble Music Lookin for Trouble

アーティスト:Toronto
販売元:Emi
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高校生のころ、18時から、FMで、新譜のアルバムを、全曲流すという番組があった。

そこで、流れていた知ったのが、カナダのTorontoの「Lookin for Trouble」。

当時聴いて、凄くカッコよくて、ずっと印象に残っていたのだが、CDを買う機会の逃し、「いつかは、ほしいなあ。」とCDショップに行くたびに探していたのが見つからなかった。

それが、ひょんなことで、アマゾンで探してみたら、あったよ。

見つけたときは、うれしかったなあ。

あれから、27年。あのときに聴いた感動が、今聴くとどう感じるか大変楽しみである。

あ~、これがRockだ!

これがRockだ! Wheels of Fortune@The Doobie Brothers

Takin' It to the Streets Music Takin' It to the Streets

アーティスト:The Doobie Brothers
販売元:Warner Bros.
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日、聴きに行った「斉藤誠スペシャルライブ」の中に、洋楽コーナーというのがあり、1970~1980年代の曲を、「斉藤誠」アレンジで聴かせてくれたのだが、その中で、The Doobie Brothersの「Wheels of Forture」が、凄くドライブ感があり、よかった。

たぶん、斉藤誠さんもお気に入りの曲のようで、コンサートが終わった後も、このDoobieの曲がかかっていた。

このアルバムは、ちょうど、マイケル・マクドマルドが加入した最初のもので、この次から、すっかり、過去とは違うグループのように変わってしまう。その辺の緊張感が、良い作品になったのではないだろうか?!

昨日のプレイが、あまりによくて、コンサートが終わってから、ずっと頭のなかで、リプレイされているので、この曲が収められているCDを購入することにした。

アマゾンで買えば、1337円。お買い得だよ、これは。

これが、Rockだ!